たるみが気になる人のサイト トップ > 知ってる?たるみのこと > たるみの予防

知ってる?たるみのこと

たるみの予防

たるみを予防するには、長期的に自分の生活を改善していく必要があります。たとえば片側の顎だけで噛むなど、筋肉を使うバランスが悪くなってまいませんか?そして、食生活が偏っていないかどうかも将来のたるみ具合を決めるポイントとなりますので、ぜひ見直してみることをおすすめします。それぞれの栄養素のバランスを取るだけではなく、コラーゲンを豊富に含んだ食材を積極的に取り入れるなど、たるみを防ぐ食生活を習慣にしてしまいましょう。そしてお肌の大敵である紫外線。洗濯物を干したり、ちょっとした近所への買い物でも長年蓄積されると結構な紫外線量になります。メイクをしない日でも日焼け止めだけは塗ることを心掛けてみましょう。

筋力を鍛える

筋力が低下すると、重みに耐えられなくなって下に下がり、これがたるみとなって見えるのです。現代人はスマホやパソコンをいじっている時間も多く、このような機械と向き合っている時はほとんど顔の筋肉を使っていない上に、猫背になり血流も悪くなっています。1日10分程度で良いので意識して筋肉を使ってみましょう。たとえば思い切り「アー」と口を開ける、口角を上げて笑顔を作るなどのエクササイズを心掛けてみると、それだけでも筋力アップにつながります。体のたるみについては、わざわざスポーツジムに行く時間がない人でも大股で歩くだけで太もも、ふくらはぎ、お腹の筋肉を使いますので通勤時の歩き方を変えてみるだけでも効果があります。

食生活の改善

食生活とたるみには大きな因果関係があります。老化たんぱくを増やしてしまうような食物をとり過ぎていませんか。例えば、甘いお菓子や清涼飲料水、スナック菓子などは大敵ですので食べ過ぎ飲み過ぎは禁物です。さらに、あまり噛まないですむような柔らかいものばかり食べていると顔の筋力が低下し、これもたるみの原因になります。たるみを防ぐ食材としては、噛みごたえのある玄米、納豆のような豆類や海藻などの食物繊維、コラーゲンたっぷりの鶏皮などがおすすめです。朝食を玄米の納豆ごはんにするだけなら簡単ですね。そして食べる順番も工夫しましょう。野菜を最初に食べて空腹感を落ち着け、穀類や肉などはゆっくり噛んで食べるようにしましょう。

紫外線を防ぐ

紫外線がお肌にとって悪いことだらけなのはよく知られていますが、効果的に防ぐ方法を知っていますか?とにかく浴びないようにするには日傘、日焼け止めクリームを常備することは必須です。日傘の色は黒の方が紫外線カット効果が高そうですが、最近ではUVカット率が表示されているものが多いので、その数値が高いものを選べば色はそれほどこだわる必要はありません。そして使い始める季節も大切です。4月くらいからもう紫外線は強くなっていますので少々早いと思っても使い始めましょう。また、日焼け止めはSPF値の高さにこだわりがちですが、それよりもこまめに塗り直す、部屋の中にいる日でも塗るなど、使い方が大切です。

たるみが気になる人へ「おすすめ美容外科」

品川美容外科

品川美容外科

品川美容外科は創立から26年を超え、国内最大級といえる400万件以上の症例を誇っています。医師とのカウンセリングを最重要視し、安心のアフターケア、リーズナブルな適正料金、腫れや痛みを最小限に抑える施術、独自の最新技術の…

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

高須クリニック

高須クリニック

高須クリニックは開業37年の歴史を誇る老舗です。創立者でありドクターである高須の名前をあえて医院名に使うことで、責任の所在をはっきりさせるとともに、生涯にわたって患者のかかりつけ医となる意志を示しています。…

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介