たるみが気になる人のサイト トップ > 知ってる?たるみのこと > たるみの原因

知ってる?たるみのこと

たるみの原因

たるみを生じさせる原因とは何でしょうか。皮膚とはそもそも表皮・真皮・皮下組織という三層構造で出来ているのですが、この中の真皮に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸が減少したり、繊維が細くなってくることによって皮膚を支える力が弱くなることがたるみを引き起こすのです。20歳を過ぎると加齢によって誰しもこれらは起こってくるのですが、特に紫外線を浴びる生活を続けることはたるみを生じさせる大きな要因になります。ですから、子どもの頃からあまり外に出ない生活習慣を持っている人の肌は大変きめ細やかなことが多いのです。普段から乾燥にさらされることが多い人は肌のバリア機能が低下して紫外線等の刺激を受けやすくなるため要注意です。

筋力の低下

お腹や背中については特にあてはまるのですが、筋力が低下したことがたるみの原因になることがあります。お腹には腹直筋・外腹斜筋など、背中には僧帽筋・広背筋など重要な筋肉がたくさんありますが、これらが衰えると皮膚を引き上げることができなくなりますので、たるみが生じやすくなります。また、目の上下のたるみには眼輪筋という目の周囲の筋肉の衰えが関係しています。体のたるみについては普段からデスクワークが多くずっと同じ姿勢で過ごしている人や、もともと姿勢が悪いと言われている人、日常的に運動不足を感じている人は常に危険を抱えています。体を使うことが少ない仕事の人は特に意識して筋力を鍛える必要があるかも知れませんね。

皮下脂肪の肥大

人間の基礎代謝は10代をピークに段々と減少していきます。基礎代謝とは心臓を動かす・体温を一定に維持するなど人間が生命体として生きていくために必要な活動をするために使うエネルギーのことです。人間の代謝の7割以上は基礎代謝なので、これが落ちてきたにもかかわらず食生活が若い頃と変わらないとエネルギーが余ってしまいます。余ったエネルギーは余分な皮下脂肪として蓄積され、さらにその1つ1つが肥大してきます。大きくなった脂肪は重力に耐え切れずに下に下がり、それがたるみとなって老けた印象を作ってしまいます。過剰な皮下脂肪によるたるみは顔だけではなくお腹・背中・お尻・太ももなど体のあらゆる部位に出てくることがあります。

生活習慣

たるみを生じやすくする生活習慣というものがあります。たとえば日焼け止めもあまり塗らず紫外線を浴び続けること。これはたるみだけではなくシミなど他のダメージにもつながります。また、慢性的な睡眠不足も大敵です。睡眠はお肌のダメージを修復させるのに大切な成長ホルモンの分泌を促すことにつながりますので、ある意味、高価な化粧品以上に重要なお肌のケアと言えるかもしれません。そして睡眠同様に大切なのが食生活です。特に女性の場合、スイーツで白砂糖を取り過ぎ、ビタミンが不足しているということはありませんか?このような生活習慣を1つ1つ見直すだけでも10年後のお肌のたるみ具合は大きく変わってくるかも知れないのです。

たるみが気になる人へ「おすすめ美容外科」

品川美容外科

品川美容外科

品川美容外科は創立から26年を超え、国内最大級といえる400万件以上の症例を誇っています。医師とのカウンセリングを最重要視し、安心のアフターケア、リーズナブルな適正料金、腫れや痛みを最小限に抑える施術、独自の最新技術の…

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

城本クリニック

城本クリニック

城本クリニックは高度な技術を持った美容外科専門医が安全を第一に考えて施術を行っています。患者との丁寧なカウンセリングはもちろん、手術の時間枠も十分にゆとりを持って確保しているので安心して施術を受けることができます。…

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介